Oct. 2019

秋の味覚

そろそろ秋も深まりを見せ、日が一日一日と短くなり、今年の終わりを少しずつ実感し始めるころ。

なんだか人肌が恋しくなる季節だから、こんな日の夜は、誰かと一緒にごはんを囲みたい。

箸を入れるとほっくりと割れるかぼちゃの煮物(うちのおばあちゃんは、「かぼちゃのたいたん」と言ってるっけ)、ちょっと酸っぱいさつまいものレモン煮、栗がごろっと入ったごはん、皿からしっぽがはみ出したさんまの姿焼き...。

「食欲の秋」のはじまりは、肩肘張らない、家でちょっとつくれるような、素朴な味のものがいい。

そんなことを思い、秋の味覚を集めました。



From SAKI.S (mono.coto Japan編集長)

articles

essay, Oct. 2019

ハネサエ

まあるいレモン煮

fiction, Oct. 2019

上田聡子

お姉ちゃんの栗ごはん