Jul. 2019

夏祭り

梅雨があけると同時に、今年もやってくる、夏本番。

あちこちで開かれる夏祭りや花火大会、夏休みに入った子どもたちのざわめきが、街を色濃く縁取っている。

子どものころ、毎年夏に帰っていた祖父母の家の近くで見た、花火大会。

当時の私は花火よりも屋台の方が楽しくて、なんでもないわたあめやりんご飴、ぎゅっと口が絞られた透明のビニール袋に入った数匹の金魚が眩しくて仕方なかった。

夏の催し物には、そうした金平糖みたいなキラキラした思い出が、心の引き出しの中にぎゅっとつまっているのかもしれない。

今年もお祭りに行ってみようかな。

そんなことを思う、あたたかくて、どこか懐かしいストーリーを集めました。



From SAKI.S (mono.coto Japan編集長)

articles