Jun. 2019

梅雨入り

Dear...

朝起きて、カーテンを開ける。

いつもならそこで終わるはずだけれど、どんよりした曇り空の下では違う。

窓を開け、手のひらを空に向けて、指先に神経を集中させる。

雨、降ってないかな、と。

梅雨の季節は頭痛がしたり、家の中にいても光がなかなか差し込まなかったり、洗濯物は乾かなかったり、靴に泥がついてしまったり...文字通り晴れやかではないなと毎年思う。

でも、梅雨があるから「あ、夏が始まった」と気づき、梅雨が終わるから「ついに真夏がやってきた」と感じられるのも事実で。

季節の移り変わりに恵まれている、日本ならではだとも思う。

そんな憂鬱になりがちな梅雨の日、読んだら少し、晴れやかな気持ちになれるストーリーを集めました。



From SAKI.S (mono.coto Japan編集長)

Photo: @_akino8

articles

essay, Jun. 2019

田村悠貴

太陽の下でも、蛍光灯の下でも

interview, Jun. 2019

ナカセコ エミコ

見上げた梅雨空は、

essay, Jun. 2019

Saya Ichikawa

透明という色の濃さ

fiction, Jun. 2019

ほしちか

この夏っきり